大丸有エリアのご紹介

大丸有エリアの成り立ち

大丸有エリアの成り立ち

地名の由来

地区の成り立ち

当地区は江戸時代、江戸城を中心とした諸大名・旗本のための武家地でした。明治維新後は「東京市区改正設計」において、1890年には陸軍省用地となっていた土地が民間に払い下げられ、日本初の本格的オフィス街の整備が始まりました。馬場先通りに並んだ赤煉瓦のビル街はその西欧風のたたずまいから「一丁倫敦」と呼ばれました。1914年には東京駅が完成し、以降東京駅前の大型オフィスビルによる街並みは「一丁紐育」と呼ばれました。一方、大手町地区では戦前、現在の霞ヶ関に移転する以前の官公庁街がありました。その後1955年以降、大手町の国有地が払い下げられ、1956年には大手町駅が誕生。新聞社、銀行、商社、経済団体等が立地していきます。
歴史的な街並みが現在まで継承され、都市観光の資源や当地区の魅力となっています。

地名の由来

「大手町」は大手門(かつての江戸城正門)の前であることが由来です。「丸の内」の由来は「丸」が曲輪(くるわ)と同じ意味であり、江戸時代に「御曲輪内(おくるわうち)」と呼ばれた地域にあたる各地の城下町に存在する地名です。千代田区域の「丸の内」が正式な町名となったのは1929年(昭和4年)のことです。「有楽町」については織田信長の弟で茶人として有名であった織田長益(有楽斎:うらくさい)の名前に由来すると一般的に言われています。当協議会ではこの地域を「大手町・丸の内・有楽町地区」の頭文字を取り、「大丸有地区」と呼んでいます。

再開発マップ

  • 東京サンケイビル
  • パシフィックセンチュリープレイス丸の内
  • 丸の内ビルディング
  • 日本工業倶楽部会館・三菱UFJ信託銀行本店ビル
  • 丸の内中央ビル
  • 糖業会館・ニッポン放送本社ビル
  • 丸の内オアゾ
  • 丸の内 MY PLAZA(明治安田生命ビル)
  • 東京ビルディング
  • 三菱商事ビルディング
  • サピアタワー
  • 新丸の内ビルディング
  • ザ・ペニンシュラ東京
  • 有楽町イトシア(有楽町駅前第1地区第一種市街地再開発事業)
  • 丸の内トラストタワー(本館・N館)
  • 日経ビル・JAビル・経団連会館(大手町一丁目地区第一種市街地再開発事業
  • 丸の内パークビルディング・三菱一号館
  • 三井住友銀行本店ビル
  • 丸の内永楽ビルディング・三井住友信託銀行本店ビル・三菱東京UFJ銀行丸の内1丁目ビル
  • パレスホテル東京・パレスビル
  • JPタワー
  • グラントウキョウノースタワー・サウスタワー
  • 大手町フィナンシャルシティ(大手町一丁目第2地区再開発)
  • 読売新聞ビル
  • 大手町川端緑道
  • 大手町タワー
  • 日本生命丸の内ガーデンタワー
  • 三井住友銀行東館
  • 東京駅丸の内駅舎・駅前広場・行幸通り再整備
  • 鉄鋼ビル
  • (仮称)大手町1-1計画
  • 大手町フィナンシャルシティ(大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業)
  • 大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業
  • (仮称)丸の内3-2計画
  • (仮称)大手町一丁目2地区計画
  • (仮称)丸の内警察署
  • (仮称)丸の内1-3計画

DATA

  • 就業人口約23万人 建築棟数約107棟
  • 鉄道網 20路線 13駅
  • 事業所 数約4000事業所
  • 地域循環バス(丸の内シャトル)約67万人/年 (12停留所)

基礎データ

区域面積
約 120ha
就業人口
約 23 万人※
敷地面積
約 66ha
建物延床面積
約678ha
建物棟数
104 棟(建設予定含む)
建築物年数
  • 計画中9.6%
  • 10年未満23.1%
  • 10年以上 20年未満18.3%
  • 20年以上 30年未満5.8%
  • 30年以上 40年未満11.5%
  • 40年以上31.7%
指定容積率
1300% 1200% 900% 700%
都市開発諸制度等
活用事例数
  • 総合設計7件
  • 特定街区7件
  • 都市再生特別地区12件
  • 特例容積率適用地区2件(9ビル)
  • 用途入替え1件(2ビル内)

企業集積

事務所数
約 4,000事業所※
上場企業本社数
92社/2,110社(2012年末)
上場企業の売上高/
日本の総売上高割合
約135兆1,180億円/約10%
 
フォーチュンTOP500
大丸有エリア19社
※東京その他エリア26社 ニューヨーク18社

景観・風格

  • 重要文化財、登録文化財、東京都歴史的建築物に指定された建物4ヶ所
  • その他歴史的建築物を復元、一部保存、再現された建物4ヶ所

就業者支援

  • 託児所4ヶ所
  • 医療施設(歯科診療所含)89ヶ所

交通利便性

交通網
20路線13駅
※地下鉄の路線の異なる同一名駅は路線分計上
駅乗車人数
約139万人/日
地域循環バス(丸の内シャトル)
約67万人/年 12停留所
駐車場台数
11,663台
空港アクセス
成田空港:約54分 羽田空港:27分
※鉄道利用

環境共生

CO2排出量
約 67 万t-CO2
地域内太陽パネル発電量
計1041KW 12ヶ所
電気自動車急速充電器
2ヶ所
エコなタクシー乗場
1ヶ所 ※電気自動車 等
保水性舗装道路面積
約3万7,600㎡
屋上・壁面緑化
約1万6,000㎡
地域冷暖房
1970年代より導入
丸の内熱供給(株):約492ha(供給延床面積)
東京熱供給(株):約21ha(供給延床面積)

安全安心

  • 千代田区と帰宅困難者受入について協定締結した施設13ヶ所

情報化

  • 地域情報発信ビジョン(丸の内ビジョン)90台

文化・交流

  • 美術館・博物館・劇場・ギャラリー6ヶ所
  • ホテル9ヶ所 1,772客室(現存)
  • ホール・会議施設26ヶ所
  • 映画スクリーン数7スクリーン

※ 経済サンセス等を参考に当協議会にて算出

基礎データ、文化・交流のみ、2015年5月現在
その他のデータは2014年3月現在